新規事業開発コンサルティング

顧客の深層心理を見抜いて、
新しい市場を創造する

市場環境がめまぐるしく変化する昨今は、過去のデータをもとに戦略を立てる従来のマーケティング手法では成果が出しにくくなっています。
さらに、物と情報があるれる中、無機質なデータから導き出した「ターゲット像」で市場にアプローチしてもお客様の心を動かすことはできません。

当サービスでは、ユーザーインサイト(顧客の深層心理)を発見し、顧客視点で製品戦略・販売戦略を展開することで事業の発展に貢献します。

顧客の深層心理を見抜いて、
新しい市場を創造する

当サービスは中小・中堅企業様を対象としており、
スタートアップ企業様向けのサービスではございません。

市場環境がめまぐるしく変化する昨今は、過去のデータをもとに戦略を立てる従来のマーケティング手法では成果が出しにくくなっています。
さらに、物と情報があるれる中、無機質なデータから導き出した「ターゲット像」で市場にアプローチしてもお客様の心を動かすことはできません。

当サービスでは、ユーザーインサイト(顧客の深層心理)を発見し、顧客視点で製品戦略・販売戦略を展開することで事業の発展に貢献します。

顧客心理、見抜いていますか?

ワークフロー

顧客の理解が浅い場合

顧客が求めているものが見えない。

ワークフロー

顧客の理解が深い場合

顧客が求める本質的な価値が見える。

顧客の理解が浅い場合に起こる問題
  • プロダクトアウトの考え方でサービスを作ってしまう
  • 業界の枠にとらわれたサービスを展開してしまう
  • 顧客に提供するベネフィットが曖昧なため、「年齢・性別」などのデモグラフィック情報でターゲットを決めてしまう
顧客の理解が深まると・・・
  • マーケットインの考え方でサービスが作れる
  • 業界の枠を超えた新しいサービスができる
  • 顧客に提供するベネフィットが明確なため、「顧客心理」でターゲットを絞り込み的確にアプローチできる

当サービスにより得られること

  • ユーザーインサイトを理解し、提供するベネフィットが明確になる。
  • 競合が競合ではなくなり、オンリーワンのサービスに生まれ変わる。
  • エンゲージメントの高い優良顧客を獲得できるようになる。
ミクロ環境分析

サービス提供の大まかな流れ

1. 市場を知る

マクロ環境分析・ミクロ環境分析を通して、自社の現在地を俯瞰的に見ていきます。分析後には、市場の動向がわかるようになり、中長期的にやるべきこと、向かうべき方向性が見えてきます。

マクロ環境分析

PEST分析

ミクロ環境分析

5force分析

マクロ環境分析
マクロ環境分析
マクロ環境分析

競合分析

マクロ環境分析
市場調査データを利用したPEST分析で、今後5年間の市場を取り巻く「政治・社会・経済・技術」動向を大まかに把握します。
ミクロ環境分析
5force分析で、新規事業に対する脅威と機会を把握します。
競合分析
競合の過去のリリース情報から事業戦略を読み取ります。競合分析ツールを用いて、競合サイトの検索キーワード、トラフィックシェア、ユーザーの属性を把握し、競合のウェブマーケティング戦略を読み取ります。

2. お客様を知る

人の心の 95% は無意識です。

ユーザーインサイトを発見するために、5つのアプローチでお客様を深く理解していきます。

ユーザーインサイトへのアプローチ
アンケート調査
お客様の顕在化したニーズを知ることができます。商品開発の方向性がニーズと合っているかを確認します。
観察
人は無意識に行動します。こちらが想定していなかった行動を発見し、お客様の心理を推測します。
デプスインタビュー
お客様の素直な気持ちを引き出します。お客様が自身の気持ちと向き合えるよう問いかけながら本音を探ります。
同化
自らが顧客となりサービスを利用することで、観察やデプスインタビューで得た顧客の気持ちを深く理解します。この段階で、これまでベネフィットだと思っていたものとは異なる新しい価値を発見することができます。
洞察
ユーザーインサイトを整理し、提供するベネフィットを明確にします。

3. 商品・サービスをつくる

マクロ環境分析

商品分析

ミクロ環境分析

商品開発

商品・サービス分析
競合の製品・サービスと比較した場合の貴社の強み・弱みを明確にします。
商品・サービス開発
ユーザーインサイトから発見したベネフィットを、製品・サービスの強みにリンクさせます。この作業を行うことで、提供者視点のアピールポイントとお客様のベネフィットが繋がり、後々の販売促進で一貫したコミュニケーションが可能になります。

4. 販売戦略を立てる

KPI(目標値)の設定

KPI(目標値)の設定

カスタマージャーニーマップ

カスタマージャーニーマップ

販売チャネルの設計

販売チャネルの設計

KPIの設定
事業の成長に結びつく指標を設定し、定点観測していきます。
カスタマージャーニーマップ
お客様が商品・サービスを知り、購入・利用に至るまでの接点を設計します。お客様の感情や状況に応じて伝えるべきメッセージを整理します。
販売チャネルの設計
人的チャネル(主にオフライン)と非人的チャネル(主にオンライン)を組み合わせて、販売チャネル別の集客予測を立てます。

5. 施策を実行する。

検索ワードの選定

検索ワードの選定

広告プランニング

広告プランニング

SNS KPI管理シート

SNS KPI管理シート

オウンドメディア
コーポレートサイトまたはブランドサイトを構築し、コンテンツマーケティング・SEOにより集客を行います。
ペイドメディア
Google広告やfacebook広告など、お客様との接点に最適なメディアを選定します。
オーディエンスを絞り込み、キーワードを厳選することで、予算を無駄にしない運用を行います。
アーンドメディア
SNSはお客様のエンゲージメントを高めるのに最適なメディアです。一方で費用対効果が曖昧であったり、運用者の負担になる可能性があります。KPIを明確にした上で、無理のない運用をご提案します。

6. 仮説検証を繰り返す。

KPI(目標値)の設定

組織名分析

カスタマージャーニーマップ

顧客行動の分析

販売チャネルの設計

ヒートマップツールによるページ改善

販売チャネルの設計

GoogleオプティマイズによるABテストの実施

アクセス解析
ウェブサイトへの集客状況、閲覧されているコンテンツ、コンバージョンを定点観測し、次月の施策を検討します。
組織名分析
主にBtoB商材で、ウェブサイトに訪れている組織を把握し、関心の高いコンテンツを調べた上でセールスに活用します。
顧客行動の分析
ユーザー一人一人の閲覧経路をミクロ解析することで、ニーズや心理状況を読み取りユーザーの理解につなげます。
ヒートマップツールによるページ改善
ページ内のもっとも読まれている部分や関心の薄い部分を把握して、ページ改善を行います。
GoogleオプティマイズによるABテストの実施
ランディングページでパフォーマンスの高い画像選定や、回遊につながるボタンの配置など、ABテストを実施して効果を検証します。

定員・条件

プロジェクトにコミットするため、同時ご契約社数を3社に限定しております。
主に、以下の条件に該当する企業様を対象にしています。

  • 年間売上30億から50億規模の企業様
  • 10名以下で構成する少人数のプロジェクト
  • エンゲージメントの高いサービスを創りたい企業様
  • 組織内のフットワークが軽く、仮説検証をスピーディーに行える企業様

得意な業種

  • 中小企業向けサービス
  • フリーランス、個人事業主向けサービス
  • エグゼクティブ層向け商材
  • 女性向け商材
  • 子育て世帯向け商材

料金

当サービスに契約いただいた企業様には、「Webマーケティングコンサルティング」サービスも併せて提供いたします。
これにより、戦略策定から施策の実行までプロジェクト内で完結できる体制を整え、仮説検証のサイクルを素早く回し、戦略の質を高めていきます。

ご契約期間 6ヶ月〜
価格 35万円 / 月(税別)
提供サービス 新規事業開発コンサルティング
・Webマーケティングコンサルティング