ASPとは

正式名称はアプリケーションサービスプロバイダといいます。
アプリケーションをネットワーク経由で提供するサービスのことです。最近では「クラウド」とも言われています。

SaaS(サース)とは

正式名称はSoftware as a serviceといいます。
ソフトウェアの機能を必要なときに、必要な分だけ提供するサービスのことです。


例えば、Googleアナリティクス。
インターネット経由で利用できるサービス、つまりASPです。
また、ログインしたユーザーに対して、設定した解析期間や解析軸に応じて解析結果を提供する提供形態、これはSaaSです。

どちらも、ユーザーのデバイスへインストールする必要もバックアップをとる必要もありません。インターネットで接続する事で、常に最新のサービスを使う事ができます。

ウェブ解析で気をつけるべき点

皆さんが管理しているサイトで、ショッピングカート機能やマーケティングオートメーションツールのフォーム等をASPまたはSaaSで利用している場合、その部分だけ別ドメインへリンクしている場合があります。
そういった場合、サーバーログ方式やパケットキャプチャ方式のアクセス解析ツールではアクセスログを測定する事ができません。
また、Googleアナリティクスなどのウェブビーコン型のアクセス解析ツールの場合、タグの設置を忘れてしまう(もしくは設置できない)場合があります。

ASPやSaaSをサイトの一部に利用する場合は、最も重要なCVを計測できない場合があります。このような場合には、何をCVとするか事前に決めておく必要があります。