AjaxとFlashは、ページ内で動的に表示内容を変えることが出来る技術です。
表示されている内容は変わっていますが、ページの読み込みは発生しません。そのため、そのままではアクセスログを測定できないため、設定が必要になります。

Flashとは

Adobeが開発した動画を作成・再生することが出来るソフトウェアです。
最近はあまり使われなくなりましたが、行政の子供用コンテンツなどでは利用されています。
サーバログ、パケットキャプチャ方式のアクセス解析ツールは、Flashファイルが読み込まれた事は測定できますが、Flash内の動きを測定する事は出来ません。
測定するためには、Flashのスクリプト言語「Actionscript」にトラッキングコードを挿入したり、パラメータを付ける必要があります。

Ajaxとは

動的にウェブページの内容を書き換える技術です。
GoogleサジェストやGoogleマップで利用されています。
通常ウェブページはリンク等をクリックした瞬間、ブラウザがウェブサーバーにリクエストを投げて、ウェブサーバーがレスポンスを返します。これを同期通信といいます。
一方、Ajaxは非同期通信をおこないます。Googleマップを動かすとサーバーにリクエストを投げますが、レスポンスを待たずに持っている情報を表示していきます。Googleマップをグリグリ回しても画面が白くならないのはこのためです。
Ajax内の動きを測定するためには、GAのイベントハンドラを使うと測定できます。